うなぎを食べない四谷

[ ] 2011/01/08

 多摩川に近い四谷地区。長い間多摩川の洪水の危険にさらされて来たここには「うなぎ」を食べてはいけないという習慣が今でも伝えられています。

 昔、名産品だった鮎をはじめ、多摩川ではたくさんの川魚が穫れました。もちろん「うなぎ」もです。これらの魚は貴重なタンパク源だったはずです。

 では、どうして四谷では「うなぎ」を食べてはいけないのでしょうか。

 理由は多摩川が洪水を起こしそうになった時、「うなぎ」が堤にできた穴を埋めて、崩れるのを防いでくれたから、とか、地区の鎮守でもある日野宮のご本尊が木造菩薩立像(伝虚空蔵菩薩像)で、その召使いが「うなぎ」であるからとかいろいろな説が伝えられています。

 今ではたくさんの家が並ぶ四谷です。全ての四谷の人が「うなぎ」を食べないわけではありません。

 四谷という地名の由来は、「4軒の家だけがあった」、つまり「四つ屋」から名がついたという話が有力です。「うなぎ」を食べない風習は、その当時から四谷に住み続けている家に伝えられています。

 おじいさん、おばあさんから、「うなぎは食べてはいけない」と教えられて育ち、それが繰り返されて、今でも「うなぎ」を食べない決まりは守り続けられています。

 ある時、四谷の人たちが、静岡へみんなで旅行した時のこと。浜名湖で食事となりました。浜名湖といえば「うなぎ」が特産。出されたうなぎの蒲焼きを前にして、「天ぷらに代えてもらった」、という話です。

 

コメント(0)   |   トラックバック(0)

コメント(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hinoshuku.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/939

 
go top