日野宿に残る講中の鉦

「鉦(かね)」とは下に伏せて置き、撞木(しゅもく)で打ち鳴らす金属製の仏具、「たたきがね」「ふせがね」と」もいうそうです。念仏講などで使われます。

ここでは以前見学させていただいた下河原、横町、北原、谷戸の4つの講中の「鉦」を紹介します。

下河原の鉦

平年22年(2010)10月14日(木)、日野警察署前を日野橋方面に50mほど行った左手にある下河原の馬頭観音堂を訪ねました。

この日、この馬頭観音堂内を見せていただくことになっていたのですが、鍵を預かる講中の役員の方があいにく入院されてしまい、堂内は見られませんでしたが、お堂の前で写真の講中の「鐘」だけは見せていただくことができました。

この鉦には 「天明八申年三月吉日」(1788)、「江戸神田多川主膳作」「日野下河原村」「観音堂」「施主 浄求」の刻印が見えます。今から230年以上も前に造られた貴重な宝物です。

「天明八申年三月吉日」(1788)、「江戸神田多川主膳作」「日野下河原村」「観音堂」「施主 浄求」の刻印

横町の鉦

平成23年(2011)1月21日(金)、猪鼻洋助さんの紹介で、横町の念仏講で使われている鉦を見せていただきました。「武州日野下河原村」「念佛講中」「享保十一年午七月」(1726) の刻印が見えます。今から300年近くも前、徳川吉宗の時代の作といいますから、大変貴重な宝物です。

「武州日野下河原村」「念佛講中」「享保十一年午七月」(1726) の刻印
大正3年(1914)10月27日
山当番出勤之帳

万願寺の念仏講

平成21年(2009)11月10日(火)、生沼さんの紹介で万願寺の念仏講を見学させていただきました。写真は地元の皆さんによって長く守り続けられている講中の様子です。

撞木(しゅもく)で打ち鳴らしているところ

北原のとんがらし地蔵天道念仏

北原とんがらし地蔵の地蔵講で使われていた鉦や百万遍の大数珠です。
鉦には「北原講中」「文化九壬申年七月吉日」「江戸粉河市正作」との刻印があります。*文化九年(1812)
写真は北原とんがらし地蔵講講元松本保氏発行の『とんがらし地蔵建立二百五十年記念 北原村ととんがらし地蔵』(2017年刊)から転載させていただきました。

北原のとんがらし地蔵天道念仏
2008-02-01
北原のとんがらし地蔵天道念仏
2008-02-01
『とんがらし地蔵建立二百五十年記念 北原村ととんがらし地蔵』より転載

谷戸の講中の鉦

平成28(2016)年3月26日(土)開催のまち歩き会「谷仲山・川辺堀之内方面を訪ねて」(第69弾)のとき、谷戸の谷富二さんから見せていただいた講中の鉦です。

谷仲山講中の鉦を見せてくれる谷富二さん
2016-03-26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2 × 1 =