加組の楽隊の話

加組(森町・横町・金子橋・北原の4つの町内の連合組織)に昭和の初めに結成された楽隊があったそうです。『北原村ととんがらし地蔵』(北原とんがらし地蔵講)に次のように記されています。

「大太鼓・小太鼓・クラリネット・トランペット等で、加組町内で出征する家から出発し、八坂神社で武運長久を祈願し、日野駅まで楽隊を先頭に町内全員で見送った。また、青年団の運動会や立川・青梅方面の商店の開店祝いに呼ばれてご祝儀をもらい、よい小遣いになった。昭和19年(1944)頃になると青年たちが兵隊に行っていなくなり、小学校高等科の生徒が練習した。やがて戦争が激しくなり消滅した。」

№0945
加組の楽隊 1936頃
真野泰久氏所蔵
№0946
加組の楽隊 1936頃(2)日野停車場
真野泰久氏所蔵
№0947
加組の楽隊 1936頃(3)
真野泰久氏所蔵
№0394
加組青年 ‐ 御大典奉祝記念 1928
松本保氏所蔵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 × 3 =