日野宿の名物階段

日野宿には東西の百段階段(仮称)のように、大坂上の台地や神明上の台地と平地を結ぶ階段がいくつかあります。いずれも戦後にできたものですが、地域の人たちにとっては大切な階段となっています。

随時追加予定です。

東の「百段階段」(仮称)

山下神明社の東側に神明上の台地に通じる急坂があります。その坂の神明社寄りのところから神明上の台地に上がる大きな階段があります。これを通称「百段階段」といいます。

百段階段下から上を望む
2019-06-16
入野祐子氏撮影
百段階段途中から下を望む
2019-06-16
入野祐子氏撮影
百段階段上からの眺望今昔

西の「百段階段」(仮称)

日野駅の西側、大坂上の高台から日野駅方面に降りる階段があります。東の「百段階段」(通称)に並ぶ段数があり、西の「百段階段」あるいは「大坂上の百段階段」とでもいいたいほどの階段です。

№1625
土地区画整理事業-日野駅西側 1977
百段階段
品川明雄氏撮影
№1059
日野駅東西連絡道路建設 1980(4)
日野駅から見た百段階段(左手)
松本保氏撮影
№1059
日野駅から見た百段階段方面
2013-11-16
№1622
土地区画整理事業-日野駅西側 1981
百段階段
品川明雄氏撮影
№1625
百段階段上から日野駅方面を望む
2024-02-27
入野祐子氏撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 − 3 =