松本家の新築工事

北原の松本家の旧宅の解体から新宅の建築工事の様子を松本保さん自身が撮影された写真です。

施工は仲町にあった池田工務店でした。

昭和38年(1963)4月から5月にかけて行われた、茅葺き屋根の建物から瓦葺屋根に代わる新築工事の棟上げ式(松本さんは「たてまい(建舞)」と呼んでいました)までを時系列に見ることができます。

高度経済成長期のなか、日野宿でも茅葺き屋根の家がどんどん姿を消していく時期でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

6 + 12 =