用水清掃

450年もの歴史がある日野宿の宝「日野用水」の歴史を学び、保護していく取り組みが日野宿内でもいくつかありますが、日野宿発見隊でも他の団体と共同で取り組んできました。

日野一中編

日野宿発見隊では平成26年(2014)9月から日野一中の生徒有志の皆さんとともに、学校敷地内や校舎周辺を流れる日野用水(下堰)を清掃してきました。コロナ禍を受け、令和2年(2020)・3年(2021)は中止になったものの継続的な取り組みとなっています。日野宿の発展に重要な役割を担ってきた日野用水が校内を流れるという素晴らしい環境をこれからも是非大切にしていってほしいものです。

日野宿発見隊編

日野宿発見隊メンバーによる上堰用水の清掃、また新選組まつりを前にして、日野市観光協会・日野宿散策隊の皆さんと日野宿発見隊のメンバーによる用水(通称裏の川)清掃に取り組んできました。しかし現在では会員の高齢化も見られ一部のメンバーによる日野一中の学生さんとの年1回の用水清掃がメインとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2 × five =